menu

【Closed】カニエ・ナハ、中島あかね|準備している時が一番もりあがる

Naha Kanie, Akane Nakajima | Preparation time is the most exciting.
January 27, 2018 - February 25

04_じゅんびちゅん03

* English follows Japanese

・会期:2018 年 1 月 27 日(土) – 2 月 25 日(日)
・オープニングレセプション:1 月 27 日(土)17:00 – 19:00
・毎週土曜日、日曜日 12:00 – 18:00 オープン

kanie_nakajima_article_insert

この度、Open Letter では、現代詩人のカニエ・ナハと、画家の中島あかねによるコラボレーション展『準備している時が一番もりあがる』を開催します。

カニエ・ナハさんと中島あかねさんは、それぞれ「詩」「絵」というそれぞれのジャンルに軸足を置きつつ、近年は、映像作品への参加やパフォーマンスなど横断的に活動しています。

本展は、「絵」と「詩」が相互に作用しあいながら、2者の間(あわい)に生成しつつある作品たちと、作品たちが生成される場や空気・時間そのもの≒「準備(じゅんび)」を展示するこころみです。

2016年の中原中也賞を受賞した詩集『用意された食卓』(2015年)以降、詩集『馬引く男』(2016年)、詩集『IC』(2017年)と、詩集とそのヴィジュアル(装画)というかたちでコラボレーションを重ねてきた2人が、今回はじめて詩集からとびだし、展示というかたちで、絵と詩のあたらしいコラボレーションを探ります。

準備のテーマ
毎週末、展示が変化していきます! TOPのビジュアルは週ごとのテーマビジュアルです。

  • 1月27日(土)、28日(日):じゅんびばんたん
  • 2月3日(土)、4日(日)    :じゅんびたいそう
  • 2月10日(土)、11日(日) :じゅんびちゅう
  • 2月17日(土)、18日(日) :じゅんびちゃん
  • 2月24日(土)、25日(日):じゅんびぶそく

26231943_1901558986826405_2657949321798938791_o 26240474_1901559033493067_4309904130840304788_o

カニエ・ナハ

1980年神奈川県生まれ。2016年詩集『用意された食卓』(2015年)で第21回中原中也賞。2015年エルスール財団新人賞〈現代詩部門〉。2010年ユリイカの新人(伊藤比呂美・選)。文芸誌や新聞等に、詩やエッセイ 、書評等を発表。主な作品に、詩集『IC』(2017年)、『馬引く男』(2016年)、『MU』(2014年)、『オーケストラ・リハーサル』(2013年)。音楽家・ダンサーとの総合パフォーマンス作品『チゴイネル スパイラル』(2012年)。装丁した詩集に、暁方ミセイ著『ウイルスちゃん』(2011年、思潮社)、『魔法の丘』(2017年、思潮社)、永方佑樹箸『√3』(2016年、思潮社)、萩野なつみ箸『遠葬』(2016年、思潮社)等。

本の装丁や手製の詩集プロジェクトにも取り組み、現代アーティストとのコラボレーションや朗読パフォーマンスも行う。現在最も注目される若手詩人のひとり。

  • 2017年 グループ展「MOTサテライト 2017 春」、東京都現代美術館、東京 (大原大次郎氏とのコラボレーション)
  • 2015年 グループ展「スペクトラム」、スパイラル、東京 (毛利悠子氏とのコラボレーション)

 

中島あかね

1992年東京生まれ。2015年 武蔵野美術大学 造形学部 視覚伝達デザイン学科卒業。第11回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞以来、活動の幅を広げながら、原初的な形態のドローイング群を、それらが生成を繰り返すような展示構成で発表してきた。淡く軽やかな印象を与える作品は、同時に生理的感覚に訴える生々しさと微細なディテールも持ち合わせている。

「外を歩いて地面の硬さを確かめるように、あるいは何か見に出かけるのと同じような心持ちで制作と発表をしています。線を引く、色を塗るという動きを通してできるだけ近くても遠い、思いもよらなかった部分に考えと感覚とともにたどり着きたく、出来上がるものに期待しながら手を動かしています。」(中島あかね)

  • 2017年 個展「庭を泳ぐ」、VACANT、東京
  • 2017年 グループ展「Trax Selection 2017」、ギャラリートラックス、山梨
  • 2016年 個展「ちょっとさわる」、ギャラリートラックス、山梨
  • 2016年 グループ展「Memories/things」、Open Letter、東京
  • 2015年 個展「レジャー」、ガーディアン・ガーデン、東京

==

“Preparation Time is the most Exciting”
by Naha Kanie & Akane Nakajima

IMG_6660
IMG_6653

  • January 27th(Sat.) – February 25th(Sun.)
  • Opening reception: January 27th(Sat.) 5-7pm
  • Open hours: every Saturdays and Sundays 12-6pm

Contemporary poet Naha Kanie and painter Akane Nakajima have been working on their respective genres of “poetry” and “painting” as their primary medium, but in recent years they also have been participating in video work and performance etc..

In this exhibition, Naha and Nakajima will try to display “preparation process itself of the two artists’ collaboration”: places, atmosphere and time itself in which “poetry” and “painting” interact each other.

The collaboration of Naha Kanie’s poetry and Akane Nakajima’s book-cover painting is found on Kanye’s poetry collections such as “Yōisareta Shokutaku (The Laid Table)” (2015, awarded the Nakahara Chūya Prize 2016), “Uma Hiku Otoko(The Man Pulling Horse)” (2016), and “IC”(2017). 
This time, they will explore the form of a new collaboration of painting and poetry in the form of exhibition, not the format of the poet collections for the first time by the two artists.

Preparation themes
*Exhibition contents will change every weekend.

  • January 27(Sat.), 28(Sat.): Junbi-bantan (Completely ready)

  • February 3(Sat.), 4(Sun.): Junbi-taisou(Preparation gymnastics)

  • February 10(Sat.), 11(Sun.): Junbi-chu(In preparation)

  • February 17(Sat.), 18(Sun.): Junbi-chan(Preparatoin-chan)

  • February 24(Sat.), 25(Sun.): Junbi-busoku(Lack of preparation)

 

Artists Bio

Naha Kanie

A contemporary poet Kanie has contributed his poetry and essays for literary magazines and newspapers. He also has worked on book designing and hand-made poetry collections projects, reading performances, and collaborations with contemporary artists. Kanie is one of the young poets who draw most attention at the moment.

  • Born in Kanagawa prefecture in 1980.
  • Awards: The 21st Nakahara Chūya Prize in 2016 for “Yōisareta Shokutaku (The Laid Table)” (2015) ,the Elsur Foundation Award in 2015, the Eureka new face award in 2010 (selection by Hiromi Ito) . 
  • Major works;
    • Poetry collections: “IC”(2017), “Uma Hiku Otoko(The Man Pulling Horse)”(2016), “MU”(2014), “Orchestra Rehearsal” (2013).
    • Total performance work with musicians and dancers: “Zigeuner Spiral”(2012).
    • Book design: Misei Akegata’s “Virus-chan”(2011, Shichosha) and “Mahou no Oka”, Yuki Nagae’s “√3″(2016, Shichosha);, Natsumi Ogino’s “Ensou”(2016, Shichosha).
  • Collaboration works with artists;
    • Group exhibition “MOT Satellite” (2017 spring, The Museum of Contemporary Art Tokyo): collaboration with Daijiro Ohara
    • Group exhibtion “Spectrum”(2015, Spiral): collaboration with Yuko Mohri

Akane Nakajima

Since winning the 11th “1_WALL” Grand Prix, Akane Nakajima has expanded her creation. Her drawings feature primitive forms and pale colors reminding of cells or organs, and have been exhibited as if they self-generated. Nakajima’s artworks gives light and catchy impression, but at the same time, have raw details appealing to our senses.

“As walking outside ascertain the hardness of the ground, or in a similar mood and go out to see something you have the production and presentation. Draw a line, far be as close as possible through the movement to paint the color, we also want to arrive with thought and feeling to not part of independent, we move the hand hoping to those completed.” (Akane Nakajima)

  • 2017 Solo exhibition “Swim in the Garden” VACANT (Tokyo, Japan)
  • 2016 Group exhibition “Trax Selection 2017″ Gallery Trax (Yamanashi, Japan)
  • 2016 Solo exhibition “Chotto Sawaru” Gallery Trax (Yamanashi, Japan)
  • 2016 Group exhibition “Memories / things” Open Letter (Tokyo, Japan)
  • 2015 Solo exhibition “Leisure” Guardian Garden (Tokyo, Japan)