menu

室井悠輔|Bサイ教育

Yusuke Muroi | B-sai education
July 9th - August 21st, 2022
* Closed on August 13th & 14th

muroi_hero

* English follows Japanese

Open Letter では 7 月 9 日(土)より、室井悠輔さんの個展「Bサイ教育」を開催します。グラフィティやアール・ブリュットから影響を受け、インスタレーションと絵画を主なメディアとして制作を続けてきた室井さんは、近年は剣など幼少期に強く惹かれていた造形物をモチーフに制作、発表をしています。今回の個展では、同じく幼少期に熱中していた五月人形や鬼瓦、アニメのキャラクターなどをモチーフにした絵画作品と、過去に制作したインスタレーションの中で使用した材料をまったく別物として再構築した作品を中心に発表します。

室井さんの作品は、無邪気さや奔放さといった子供のような表現の手つきと、見る者を圧倒する夥しい物量、執拗なパーツの集積による作品の構成が特徴です。それらは、アール・ブリュットの踏襲とも受け取れますが、美術の現場に身を置くほど、美術の諸制度に対する相反する態度が生じ、幼き頃はできていたはずの「自由な表現」にたどり着けないという諦念やペーソス、そうした感情との葛藤が通底しているように見えます。

本展のタイトルである「Bサイ教育」は、室井さん自身に対するセルフ・アイロニーのようにも見えますが、同時に、「失った感覚」(後掲)とどう向き合って制作していくのか、という室井さんの制作態度のあらわれのようでもあります。ぜひ、ご覧にいらしてください。

作家ステートメント

B級という概念すらわからなかった子ども時代は、すべてのものの価値がフラットだったように思う。そんな見え方のなか、不思議と心惹かれる対象があった。もちろん与えられた選択肢や環境の範囲内ではあるけれど。

たとえば、母の実家の屋根にある鬼瓦、端午の節句の人形や鯉のぼり、床の間に飾られていた破魔弓、博物館のはにわ、地元のお祭りの山車、祖父がお土産に買ってきた東北の伝統こけし、ホームセンターのサボテンなどだ。子どもの頃はそういったものに熱中し、それらのモチーフの絵をくりかえし描いていた。次第に夢中になる対象が流行りのアニメやゲームに移行しても、ちょっとマイナーなキャラクターが気になったり、オリジナルのダンジョンやモンスターで自由帳はいっぱいだった。

けれども年齢を重ねていくうちに、いつのまにか描くことをやめてしまったし、集めていたサボテンも枯らしてしまった。

私の制作は、子供のころの感覚に近づこうとすることよりも、失った感覚を弔うことに近いのかもしれない。あるいは、今は描けない子ども時代の絵を、あくまで自然を装って楽しみながら更新しようとしている。

室井悠輔

 

展覧会概要

  • 室井悠輔|Bサイ教育
  • 2022 年 7 月 9 日(土)〜 8 月 21 日(日)の土曜 & 日曜 11:00~17:00
    *7 月 24 日(日)は 12:00 スタート、8月 13、14 日はお休みです。ご注意ください。
  • 入場料 ¥500(近隣の方、お子様は無料)
  • 事前予約制ではありませんが、ギャラリー内での密を避けるため、室内人数が 4 名を超える場合は、室外でお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。
  • 本展の準備や展示の様子を、#yusukemuroi_bsai_education でご覧いただけます。

 

作家プロフィール

アーティスト写真

1990年 群馬県生まれ
2011年 多摩美術大学 情報デザイン学科 情報芸術コース 中退
2015年 東京藝術大学 美術学部 先端芸術表現科 卒業
2019年 東京藝術大学 大学院 美術研究科 グローバルアートプラクティス専攻 修了
同大学の教育研究助手を経て、現在茨城県を拠点に制作。

グラフィティから影響を受け、2009年より路上で作品制作を始める。郊外に日用品などのマテリアルを配置することで出来上がった風景を、あたかも発見者かのように記録写真を撮る。こうした制作を続けるなかで、大学在籍中にアール・ブリュットから強く影響を受けるものの、自身はそのような作品を生み出すことができないことを自覚し、アカデミックな現場なりのアール・ブリュットを模索する。近年は労働や生活、自身の記憶や夢からテーマを設定し、作品制作へと繋げる。他人にとって個人の思い出はほとんど無価値であるが、自分の尺度で捉えたときにそこに価値を見出すことができるかどうか、記憶が曖昧であるからこそイメージの飛躍が生じることなどについて、考えている。また、展示をおこなう際には、現場で実際に手を動かしながら空間をしつらえることを大事にしている。
そのほか、『路上観察学会』の現在形としての『徒歩派』、不要なものを感性の力で商品化する『一周回ってつらい』、1日1制作を日課としたアーティストコレクティブ『とうふと蟹クラブ』としても活動をしている。茨城県取手市にてアーティストランスペース『APどのう』も2022年7月よりスタートさせる。

作家 Web サイト / Instagram

 

《自由の錬金術》(2015, ミクストメディア, 9780×8600×3000 mm) 
「卒業制作審査展」(東京藝術大学 取手校地, 茨城)撮影:下川晋平 Shinpei Shimokawa
《KEN&Peace》(2019, パネル・キャンバス・紙・アクリル・ペンキ・オイルパステル・
スプレー・ボールペン・他, 10560×4275×3430 mm)HIGURE17-15cas, 東京
《こどもおとなクリニック》(2021, パネル・キャンバス・アクリル・油彩・オイルパステル・スプレー・ボールペン・
アラザン・他, 5400×5800×2600 mm)  2x2x2 by imlabor, 東京
《王国をつくりなさい。》(2018 – 2021, ミクストメディア, 3800×8000×5000 mm) 
「居場所はどこにある?」(東京藝術大学 陳列館, 東京)
《ケージを抜け出す夢を見る》 (2021, おがくず・ラップやトイレットペーパーなどの芯・キャンバス・描画材・
木材・映像・他, 3000×3000×3000 mm)「群馬青年ビエンナーレ 2021」(群馬県立近代美術館, 群馬)

《エグモント》(2021, 木材・新聞紙・養生テープ・ペンキ・アルミホイル・他, サイズ可変)
『エグモント』(東京藝術大学 奏楽堂, 東京) 舞台美術担当

主な個展 / 2 人展 

2021 『こどもおとなクリニック』 2x2x2 by imlabor 東京 
2019 『KEN&Peace』 HIGURE17-15cas 東京 
2019 『Hamster-Powered Night Light』 mumei 東京
2018 『相手の作品を自分の作品で記述する。』 遊工房  東京
2016 『スーパーアカデミック』 田野口ビル 神奈川

主なグループ展

2021 『ARTIST RUNNING FESTIVAL 2021 in KYOTO』 soda 京都
2021 『再演 ―指示とその手順』 東京藝術大学大学美術館 東京
2021 『群馬青年ビエンナーレ2021』 群馬県立近代美術館 群馬
2021 『居場所はどこにある?』 東京藝術大学上野校地陳列館 東京
2021 『THE ヨエロ寸 – 尋 -』 VOU 京都
2020 『ARTIST RUNNING FESTIVAL』 XYZ collective 東京
2020 『ポコラート全国公募vol.9 入選者展』 アーツ千代田3331 東京
2018 『第21回 岡本太郎現代芸術賞展』 川崎市岡本太郎美術館 神奈川
2017 『全国美術・教育リサーチプロジェクト』 東京藝術大学大学美術館 東京
2017 『谷中アートプロジェクト -全体と部分-』 平櫛田中邸 東京
2017 『群馬青年ビエンナーレ2017』 群馬県立近代美術館 群馬
2017 『ポコラート全国公募vol.6 受賞者展』 アーツ千代田3331 東京
2014 『マテリアライジング展 Ⅱ』 東京藝術大学上野校地陳列館 東京
2013 『Delta展 -可能性の手触り-』 Bank Art NYK studio 神奈川
2011 『floating view 2 トポフィリアアップデート』 新宿眼科画廊 東京

 

主な受賞・入選

2022 『1_WALL』グラフィック部門 審査員奨励賞 上西祐理 選
2021 『群馬青年ビエンナーレ2021』 入選
2019 『東京藝術大学卒業・修了作品展』 サロン・ド・プランタン賞
2017 『群馬青年ビエンナーレ2017』 入選
2016 『ポコラート全国公募vol.6』 鴻池朋子賞
2015 『東京藝術大学卒業・修了作品展』 買上賞


 

Yusuke Muroi | B-sai education

Open Letter is pleased to present “B-sai Education,” a solo exhibition by Yusuke Muroi starting July 9 (Sat). (This term for the title was coined by Muroi as “B-grade education” against “gifted education.”) Influenced by graffiti and Art Brut, Muroi has been creating installations and paintings as his main media, and recently he has been creating and exhibiting works using swords and other figurative objects that he was strongly attracted to as a child as motifs. In this solo exhibition, Muroi will present paintings based on the motifs of the dolls for Boy’s festival, Onigawara (Japanese gargoyle), and anime characters that she was also passionate about as a child, as well as works made of the reconstructed materials used in her past installations as completely different objects.

Muroi’s works can be characterized by a childlike hand of expression, such as innocence and unrestrainedness, also, a composition of works based on great deal of material that overwhelms the viewer and a relentless accumulation of parts. Although these characteristics can be seen as a continuation of Art Brut, it seems that the more Muroi immerses himself in the art world, the more ambivalent feelings toward the various systems of art he has, and the more one struggles with feelings of resignation, pathos, and the inability to achieve the “free expression” that he should have been able to achieve as a child.

The title of this exhibition, “B-sai Education,” seems to be a self-irony about Muroi himself, but at the same time, it also seems to be an expression of his attitude toward his work, as he wonders how he will face his “lost senses” (see below) in his work. Please come and see the exhibition.

 

Artist Statement

In my childhood, when I did not even understand the concept of “B” class, the value of everything seemed to be flat. In such a way of looking at things, there were objects that strangely attracted me. Of course, this was within the range of the choices and environment I was given.

For example, the devil tiles on the roof of my mother’s house, dolls and carp streamers for the Boys’ Festival, a kumade (a Japanese toy bow) displayed in an alcove, a haniwa (a straw hatchet) in a museum, a float from a local festival, a traditional kokeshi doll from Tohoku that my grandfather bought as a gift, and cactus from a home center. As a child, I was fascinated by such things and repeatedly drew pictures of these motifs. As my interest shifted to popular cartoons and video games, I still had my free-form book full of drawings of original dungeons and monsters, and I was always curious about slightly minor characters.

As I grew older, however, I stopped drawing at some point, and the cacti I had collected died.

Perhaps my work is more like mourning for lost senses than trying to get closer to the senses of my childhood. Or perhaps I am trying to update the pictures of my childhood that I cannot paint now, but only enjoy them under the guise of nature.

– Yusuke Muroi

 

Exhibition Outline

Yusuke Muroi|B-sai Education
Dates: July 9 (Sat) to August 21 (Sun), 2022
Open: Saturdays & Sundays 11:00~17:00
Entrance fee ¥500 (free for our neighbors and children)
Note: July 24 (Sun) starts at 12:00 p.m. August 13 & 14 (Sun) are closed.
No advance reservations are required, but in order to avoid close quarters in the gallery, if the number of people in the room exceeds 4, you may be asked to wait outside the room to prevent covid infection. Please understand this in advance.
Please check out what’s going on for exhibition preparation and installation views via #yusukemuroi_bsai_education.

 

About Yusuke Muroi

1990 Born in Gunma Prefecture
2011 Withdrew from Tama Art University, Department of Information Design, Information Art Course
2015 Graduated from Tokyo University of the Arts, Department of Advanced Art and Design
2019 Completed Tokyo University of the Arts, Graduate School of Fine Arts, Department of Global Art Practice
After working as a teaching and research assistant at the same university, currently based in Ibaraki.

Influenced by graffiti, he began creating works on the street in 2009. He takes photographs of landscapes created by arranging everyday items and other materials in the suburbs, as if he were a discoverer. In the course of these works, he was strongly influenced by Art Brut while he was a university student, but he realized that he was not capable of creating such works, and he began to search for Art Brut in the academic field. In recent years, he has been creating works based on themes from his own memories and dreams, as well as his labor and daily life. He is thinking about the fact that personal memories are almost worthless to others, but whether or not he can find value in them when he sees them on his own scale, and the fact that ambiguity of memory can lead to leaps in imagery. He also places importance on creating a space for the exhibition by actually working on site.

Muroi also participates in the following activities
Toho-ha” as the current form of the “Street Observation Society”
Isshu-mawatte Tsurai” project, which commercializes unnecessary things with the power of sensitivity.
Tofutokani Club“, an artists’ collective that creates one piece of artwork a day.

He will also start an artist-run space “AP Donou” in Toride City, Ibaraki Prefecture, in July 2022.

Artist’s website / Instagram

 

Solo / Two-Person Exhibitions

2021 Kodomo-Otona Clinic, 2x2x2 by imlabor, Tokyo
2019 KEN&Peace, HIGURE17-15cas, Tokyo
2019 Hamster-Powered Night Light, mumei, Tokyo
2018 Artwork to Describe Each Other’s Work, Yukobo, Tokyo
2017 Show Case: Cake/Wabi-Sabi, GEIDAI SHOKUDO, Ibaraki
2016 Super Academic, Tanokuchi Building, Kanagawa
2014 Have You Ever Thought About How a Shrimp Feels?, Ebi house Demado gallery, Ibaraki

Selected Group Exhibitions

2021 ARTIST RUNNING FESTIVAL 2021 in KYOTO, soda, kyoto
2021 Re-Present: Instruction and Protocol, The University Art Museum, Tokyo University of the Arts, Tokyo
2021 Gunma Biennale for Young Artist 2021, The Museum of Modern Art, Gunma
2021 Where is a place for us?, The University Art Museum, Tokyo University of the Arts, Tokyo
2021 THE ヨエロ寸 -尋- , VOU, Kyoto
2020 ARTIST RUNNING FESTIVAL, XYZ collective, Tokyo
2019 POCORART vol.9 Entry works published at once 3331 Arts Chiyoda
2018 Exhibition of the Taro Okamoto Award for Contemporary Art, Taro Okamoto Museum of Art, Kanagawa
2017 Yanaka Art Project -The Whole and Part-, House of Denchu Hirakushi, Tokyo
2017 Gunma Biennale for Young Artist 2017, The Museum of Modern Art, Gunma
2016 POCORART vol.6 Prize exhibition, 3331 Arts Chiyoda, Tokyo
2014 materialising Ⅱ, The University Art Museum, Tokyo University of the Arts, Tokyo
2013 Delta -Feel of possibility-, Bank Art NYK studio, Yokohama
2011 floating view 2, shinjuku ganka garo, Tokyo

Awards and Honorable Mentions

2021 Discovering the Next Generation of Young Graphic Designers,25th “1_WALL” Graphics Exhibition1, Yuri Uenishi’s award
2021 Gunma Biennale for Young Artist 2021, Honorable Mention
2019 Tokyo University of Arts Graduation Exhibition, Salon de Printemps Prize
2017 Gunma Biennale for Young Artist 2017, Honorable Mention
2016 POCORART vol.6, Tomoko Konoike Prize
2015 Tokyo University of Arts Graduation Exhibition, Purchase Prize